Since 2019 ©️Yoko Teramura







寺村 容子 Yoko Teramura

神奈川県出身 8月5日生まれ 獅子座
武蔵野音楽大学 ピアノ科卒業
大学生までクラシック音楽を学ぶ。在学中より、ジャズやブルースのサウンドに興味を持ち、
バンドやラウンジなどで独学で弾き始める。

2007年、松尾明トリオのメンバーとして参加したアルバム、「Alone Together 」を寺島レコード第一段としてリリース。

オリジナル曲などを中心に演奏活動してきたバンドを「十五夜」と名付け、アルバム制作、ライブ活動を始める。
(大澤 基弘 ドラム / 磯部 英貴 ベース)

2008.7.25、松尾明トリオのセカンドアルバム「Besame Mucho」を発売。
スイングジャーナル誌にピアニストインタビュー記事として掲載される。
その後、松尾明サードアルバム「Meet Me In Paris」、MAYA(Vocal)のラテンアルバム「YOU BELOMG TO ME」などに参加。

MAYA(Vocal)&松尾明トリオやMaya Collezのメンバーとして、横浜ジャズプロムナード、
横浜赤レンガクリスマスコンサート、めいほう高原音楽祭、甲府ジャズストリート、
また、Tiffany(Vocal) with 松尾明トリオにて、別府ジャズフェスティバルなどの舞台を経験する。

寺村 容子Trio

2011.10.5
初の自己ピアノトリオにて、「Teramura Yoko Moods」を寺島レコードより発売。
メンバーはベースに新岡 誠、ドラムは諸田 富男。
横浜ランドマークスタジオにて6月27日録音。

2012.3
アルバム「Teramura Yoko Moods」が
『ジャズ批評』誌・ジャズオーディオ・ディスク大賞2011”金賞”受賞

2012.6.20
アルバム「TERAMURA YOKO MOODS」アナログ版発売

2013.6.5
セカンドアルバム「The Song」CDおよびアナログ盤、同時発売。

2015.7
サードアルバム「BLUE」CDおよびアナログ盤、同時発売。